いろは に てとて   小さなひとつひとつ つながりながら 
  生まれては消え あふれる日々の いろ は 音色

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2011.05.21 Saturday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2009.04.19 Sunday  ぼくのキュートナ

評価:
荒井 良二
講談社
¥ 1,260
(2001-03)
コメント:かわいすぎる・・・

                      もしも こんなお手紙をもらったら
                      まるで不思議なことなんてないように
                      なんてことない顔していよう

                      もしも こんなお手紙をもらったら
                      ツンて感じで
                      なあんにも知らないくせにって
                      ちょっと拗ねてみよう

                      なるべくそっけなく
                      なるべく無表情に
                      平常心で動かない
                      な〜んにもない
                      あら?そ〜う?って

                      だってそれくらいしなくちゃ
                      顔がどうにもゆるまって
                      きっとニヘニヘなって
                      だらしなくなってしまうもの

                      ・・・・・・・。

                      できるのなら・・・ね

                      毎夜毎夜読み返すことも
                      一枚一枚カベに飾ってることも
                      ナイショ、ナイショで・・・

                      だってどうしたって
                      よろこびは踊りだすんだから

                      




2011.05.21 Saturday  スポンサーサイト

- . -



+ comment





Profile

Category

Archives

admin